16.妊娠~出産準備

2005.04.27

私の産婦人科探しの思い出

友達の妊娠を機に、色んな事を思い出しながら書いています。
今日は私の産婦人科ジプシーのお話を。
妊娠したかな?と思ってまず行った病院は、2駅隣で院長先生はマスコミにも登場する有名な産婦人科病院。予約を取るのも大変でした。当日、まず驚いたのは待合室の人の多さ。妊婦だけでなく婦人科で来ている人も多いらしくとにかくすごい人でした。受付を済ませ、それから延々と待たされたあげく、ようやく自分の番になったと思ったら、「尿は採りましたか?血圧は?」。私は何も聞いていないと言うと、「受付で言うはずなんですけどね。一階に戻って受付に伝えてください」と冷たい返事。「えっ?また最初から並ぶの?」と驚きつつもここで帰るわけにもいかず、素直に従いました。ようやく再び診察室へ。と思ったら、先生の診察はあったかなかったか覚えていないほどの内容。その後、ベルトコンベヤーに乗せられるかのように、エコー検査、血液検査を受けさせられました。そして、妊婦健診などの説明の際、「エコーの写真は有料」と言われたので、「おいくらですか?」と質問すると露骨に嫌な顔をされました。金額くらい聞いたっていいじゃない!と半ば呆れながらその日は終了。次の健診日、血液検査の結果から、風疹の抗体値が異常に高いことから、「上にお子さんはいますか?風疹はまだ罹っていなかったのではないですか?」等次々と不安になるような事を言われ、私が「風疹は幼い頃かかったことがあります」と言うと、「そうだとしたら、こんなに値が高いはずは無いんだけど」…と。またまた冷たい言葉。いったい自分が何を言っているのか分かっているのかしら?と怒りが頭のてっぺんまできたところで、もう二度と来ないと決意を新たに、その病院を後にしました。幸いなことに、その数ヶ月前、そろそろ子供を…と思い、ある病院でブライダルチェックを受けていたので、その時の血液検査の結果があったはず…と再びその病院に行き、先生に事情を話したところ、既にその時点で風疹の抗体値は高かった事が分かり、新たに罹ったわけでは無いことが分かりました。先生も「大丈夫だよ。」と声をかけてくださり涙が出るほど嬉しかったことを覚えています。その病院は自宅からかなり遠いので、検査だけ。再び、産婦人科探しを始めました。次に行ったのが隣駅のある病院。施設も綺麗で当初は気に入ったのですが、男性の医師がエコーで検査した後も、「まだ妊娠したとは言えないですね。また1週間後に来てください」ということが数回続き、妊娠したのに「おめでとう」も言ってくれない医師なんて…と再び産院探し。次に行ったのはやはり隣駅の産婦人科。ここは先生もとても良い先生だったのですが、予約を取らない主義で、とにかく行くしかない。行くといつも混んでいて、妊婦すら待合室で座れない状況が続き、、再び産院を変えることにしました。
さすがにここまでくると、『私が我がままなのかもしれない、自分が思い描いている産院なんて無いのかも』…と思い始め、今度の病院では少しくらい嫌な事があっても我慢しようと思いつつ、必死になってインターネット等で調べました。結果、次に行ったのはバスで20分くらい行ったところにある病院。ここは施設もとても新しく綺麗で、入院する部屋もすべて個室。しかも広い。先生はとても人間味があって安心してお話ができる。事務の人も無愛想でなく、親切。妊婦健診の金額もリーズナブル。しかもエコー写真代を別に取る等とケチな事は言わない。写真だけでなく、毎回自分で空のビデオを持っていくと、モニターに映った胎児の様子と心音を毎回録画してくれるというおまけつき。(これは今でも宝物です)とまったく文句なし。こだわって探してよかった~とつくづく思いました。
もちろん、仕事を持っていますので、こうした病院探しは毎週土曜日のこと。よく旦那も付き合ってくれたと思います。優しい旦那で良かった!
そして、最後までこの病院に通い、いよいよ出産。母子同室は結構大変でしたが、部屋が広かった為、家族が入れ替わり立ち代り来てくれ、他の人に気兼ねなく安心して一緒にいることができました。
友達は虎ノ門病院にする予定とか。また今度、様子を聞いてみようと思います。

2005.04.23

私が出産前に準備したもの

友人が結婚・妊娠しました。良かった、良かった!既に5ヶ月とのことで、スリムな友人のお腹はポコンと膨らんでいました。何だか懐かしい妊婦姿。まだ、何も準備していないらしく、ぼちぼち他の友人達からいらなくなった子供用品をもらっているらしい。我が家は既にいらなくなったものを処分していて、あまりあげられそうなものがありません。出産前に何を揃えたんだっけ?と思いながら取っておいたリスト(Excelデータで保存してあった)を見てみました。こうやって書き出してみるとすごい。今思い返してみると、結構いらない物もたくさん買っていたことが分かります。因みに、入院時に必要なものは、産院でもリストをもらえるのでそれを見て検討しました。また、ある程度のものは産院でプレゼントされます。プレゼントの中身は産院によって違うので、私も事前に聞いたような気がします。

●赤ちゃん用品が揃う通販サイト
☆ベビーザらス・オンラインショップ
☆トイザらス・オンラインショップ
トイザらス
☆miki house~ミキハウスオフィシャルショップ~
ミキハウス
☆オーガニックショップ メイド・イン・アース
オーガニックショップ メイド・イン・アース
☆TOKUYAMA BABY楽天支店
TOKUYAMA BABY楽天支店
【出産前に揃えた赤ちゃん用品】
・短肌着50-60cm 10枚
・長肌着50-60 2枚
・ラップクラッチ50-60 2枚(私のお気に入りCombiminiのもの)
・半袖ラップクラッチコンパクト 1枚(Combimini)
・ラップパンツ 1枚(Combimini)
・コンビ肌着60cm 1枚
・ボディウェア(スーツ) 1枚
・ラップアップ肌着 2枚(Baby's Own)
・アフガン(おくるみ) 1枚
・スタイ 1枚
・ソックス 1枚
・ミトン 1枚
・セレモニードレス 1枚(退院時に着用)
・ベビー布団1セット
・タオルケット 1枚
・シーツ 2枚
・だっこクッション(『たまひよ』のもの。Cの字型になっている。授乳時にとても便利)
・ベビーカー(アップリカ) 1
・ハイ&ローチェア(電動式) 1
・紙おむつ 1パック
・おむつペール 1個
・携帯用おねしょシーツ 1
・おしりふき 1パック
・粉ミルク 1
・哺乳瓶 3個
・哺乳瓶用乳首 4個
・哺乳瓶ブラシ 1個
・哺乳瓶用消毒器 1個
・ミルクケース(お出かけ用)1個
・搾乳器 1個
・母乳冷凍パック
・母乳パッド 1箱
・洗浄綿 1パック
・おしゃぶり 1
・赤ちゃん用石鹸
・ジョンソンベビーオイル
・湯上げタオル
・ベビー用綿棒 1パック
・ベビー用つめきり 1個
・ベビーバス 1
・湯温計 1
・ベビー用体温計 1
・洗浄綿 1箱
・鼻すい器 1
・マザーズバッグ 1
・だっこひも 1
・パジャマ 1(胸が開くようになっているもの)
・コップ 1(入院時に使用)
・箸 1(入院時に使用)
・スプーン 1(入院時に使用)
・石鹸入れ 1(入院時に使用)
・シャンプー&リンス 1(入院時に使用)
・授乳用ブラジャー 2枚
・産褥ショーツ 2枚(入院時に使用)
・出産用ナプキン 1セット(入院時に使用)
・裾よけ (入院時に使用)
・リフォーム下着 2枚

中でも赤ちゃん用グッズで必要なかったと思ったものは…
・ベビーバス(レンタルで済ませれば良かった…)
・B型ベビーカー(これもレンタルで良かったような。結局、今となっては3000円くらいで売っている安いバギーが一番重宝しているので)
・搾乳器(搾乳するほど出ませんでした…トホホ)
・おしりふきウォーマー(季節によりけりですが、うちはほとんど使いませんでした)
・ハイ&ローチェアー(これで赤ちゃんが泣き止んだという体験談を読んだので買ったのですが、うちの子には効果なく、結局、約4万円で購入したものを1年後に2000円くらいで売りました。勿体無い…)
・哺乳瓶消毒用のミルトン(ミルトンさん、ごめんなさい。これ、結構不便です。結局、電子レンジ消毒器に切り替えました。こちらの方が旅行時にも便利)