12.ワーキングマザーの独り言

2011.05.10

あの頃は良かった・・・

久しぶりにこのブログの過去記事を読んでいました。

今は小学生になっている息子の幼かった頃の記憶が蘇って、とても幸せな気持ちになりました。このブログを書き始めた頃、慣れない子育ては大変でしたが、今思えばとても幸せな頃でした。

あれから、我が家は随分と状況が変わりました。

私は転職し、あの頃悩んでいたような仕事の悩みはなくなり、仕事の内容やポジション的には満足いくものとなりましたが、大企業にいた頃と違ってとても不安定な待遇にやはり、ストレスを感じています。今思えば、あの頃の仕事に対するストレスは「やりがいが見いだせない」というものでしたから、今のように生活が懸かっていることを思えば贅沢な悩みでした。

また、旦那は仕事を転々とし、ついに正社員としての職を失いました。
あの頃の安定した生活から信じられないような現在の状況です。リーマンショックにギリシャショック、悪い時期の転職が結果的に悪循環を生むきっかけとなりました。

唯一順調なのは、子供の成長です。これだけが我が家の救い。

昔のように、いっぱい旅行に連れていってあげられないし、贅沢はできないけれど、でも、Kちゃんが毎日楽しいって思えるような日々が送れるよう、お母さんは頑張るからね。
その為にも病気をせず、毎日頑張って働かなくっちゃ!

2006.01.06

今年1年、幸せな年になりますように。

気付けば前回の更新から2ヶ月が経っています。
時間が流れるのは早いですね~。
あれから、産業カウンセラー試験が筆記、実技と続きました。
が、運の悪いことに前日に風邪をひいてしまい、最悪の体調に。まぁ、それも実力のうち、と今は諦めがついています。合否の発表までまだ時間がありますが、駄目なら今年また受け直す…ということで。

さて、息子の方は最近特におしゃべりが活発になり、日々、驚くばかりです。
あんなに毎日色んなことを覚えられるなんて羨ましい。
こっちは、必死に覚えようとしても覚えられないというのに。

それに、子どもの観察力ってすごいですよね。
以前も、キャビネットにしまったあるモノが無いと騒いでいたところ、それを聞きつけた息子が知ってるよ~とばかりに、その場所に行くんです。恐らく私がしまうところを見ていたんでしょうね。最近、しまい込むとすぐに忘れる私には素晴らしい助っ人かも。今後、大事なものをしまう時には、息子に見せておこうかと考える日々です(笑)。

昨年末から歯の周りの組織に炎症を起こした私は、七転八倒の苦しみを味わい、今年1年もしかして嫌なことが起こるという暗示かしら、、と暗くなったのですが、厄よけもかねてお参りした初詣でひいたおみくじは「大吉」!
これだけ痛い思いをしたのだから、今年はもう悪いことは起こらないに違いないと立ち直ったのでした(笑)。

2005.10.24

保育園ママさんに聞いて考えたこと

今日、役員会関係で保育園ママさんからTELがありました。先輩ママさんなので、私よりも色んなことを知っているのですが、どうやら園の対応に不満の様子。私は知らないだけに、不満に思うことも少ないのですが、『施設の不備』や『公園へ連れて行く回数』『うがいのさせ方』等々、父母の間で疑問があるごとに園長に要望を出すものの、ことごとく却下されてしまうのだそうです。「0歳児からお子さんを預けている人はあまり園への要望は無いみたいなんだけど…」と、確かに私も今のところはそんな感じ。息子はよく腕を脱臼するのですが、そのたびにすぐに病院に連れていってくれるし、熱がある時も、随時報告を電話でくれながらも38℃程度ならそのまま園で面倒を見てくれます。でも、そんな話を聞くと、私ももうちょっと息子の園での環境について、考えた方がいいのかなと思ったりもします。だからといって、働いていると幼稚園に預けるわけにもいかないし、保育園となると実際は選びようがないのが本音です。難しいですね。

2005.09.02

河合隼雄さん×工藤直子さん トークショーで考えたこと

日々の暮らしにおいて、色んな出来事がある中で、ふと気づくとある共通のテーマが浮かび上がってくるようなことはないですか。あるいは、ある特定の事柄に関連する出来事が次々と起こったり。。。今日はそんなことを思わせるような出来事がありました。
今年、保育園父母会の役員になり、毎月会報誌を作っているのですが、その中で今月取り組んでいるのが、「おはなし会」について。それというのも、保育園で恒例の「おはなし会」、毎年、父母会会費から費用を出して行っているそうなんですが、どうやら、おはなしをしてくださる先生の集中力が低下しているのか、子ども達が喜んでいないようだと。前年には翌年のスケジュールが埋まってしまうような方で、今年開催分は既に昨年度に契約済みなんだそうですが、次年度以降どうするのか、役員の方で話し合って欲しいとのリクエストがあったんです。そこで、会報誌担当として、近隣でボランティアとして「おはなし会」を行っているグループを調べ、インタビューすることにしました。最初はインターネットで調べようとしましたが、個人のグループでさすがにHPを公開しているところはほとんどありません。そこで、区のボランティアセンターに問い合わせ、幾つかそういったグループを紹介して頂くことにしました。一方、図書館でも「読み聞かせ」のボランティアグループを育成する活動など行っており、そちらでもお話を伺うことに。これまでは、「読み聞かせ」といっても、せいぜい自分の息子にベッドの中で絵本を読み聞かせるだけでしたが、こうしたことがきっかけで、地元にも様々なボランティアグループが活動していることを知ることができました。仕事の合間に調べていたので結構大変でしたが、実りある出会いがありました。
話は変わって、以前、このブログにもクレヨンハウスに行ったことを書きましたが、そこで、「河合隼雄さん×工藤直子さん トークショー」のチケットが販売されており(主催はクレヨンハウス)、河合ファンの私としてはラッキーとばかりにすぐさまそのチケットを購入していました。そして、今日がその開催日だったのです。
実は私、工藤直子さんのことは全く知りませんでした。でも、今日初めてお会いしてすっかり、ファンになってしまいました。トークショーの最初は、工藤さんによる詩の朗読。これがとっても、イキイキとした表現で、まるで情景が目の前に浮かんでくるような朗読をされるんです。とてもとてもおばあちゃんには見えません。続いて「ねこ はしる」という工藤さんの詩(or物語?)を紙芝居で聞かせてくださいました。これもまた、感情が入り込んでしまうような朗読です。思わず涙が出てきそうだったのでぐっとこらえました。ここで、最初の話に戻りますが、全く意図せず買ったトークショーのチケットで、まさか最近どっぷりつかっていた「読み聞かせ」「おはなし会」に出会ってしまうとは…。改めて、見せかけではない、心からの読み手の感情、愛情があるからこそ、聞き手に伝わるのだと実感。こうした体験を子供たちにもさせてあげたいと、思いました。会報誌、大変だけどやってよかったかも。
さて、そんな風に充実したAfter5を過ごした私ですが、それも旦那さんあってこそ。(お迎え、夕食の支度、お洗濯etc.もろもろありがとう!)
肝心の河合先生の話は「大人の友情」をテーマにしたものでしたが、予想通り、とても楽しくて、じんとくるものでした。その中で、夫婦の間の「友情」についても語っていました。確かに、結婚前とは全く違ってくるんですよね。愛情も種類が変わり、そして「友情」はますます強くなる。私の親友はやっぱり旦那かな、、と思ったりしながらお話を聴いていました。

2005.08.25

会社のストレスに負けない本

今週のフジサンケイビジネスアイに、ライフバランスマネジメント社の渡辺さんという方が紹介されていました。(著者が語るのコーナー「会社のストレスに負けない本」
この記事の中で、「『義理』『人情』『浪花節』の低下が職場のストレス、セクハラ、パワハラ、情報漏えい、不祥事、大小の事故、ひいてはニートやうつ病社会まで蔓延させていないだろうか」と渡辺氏は語っています。
なんとなく分かるような気がします。
成果主義の導入、年功序列の廃止、終身雇用制の崩壊…
いつまでも威張りくさって口ばかりの中高年・ダメ管理職がリストラされて、若者にチャンスを……
といえば、一見、聞こえはいいのですが、
管理職も含め皆が自分の成果ばかりを気にし、仕事のノウハウは伝達されず、管理職は部下を育てず、、
結果、お互いがお互いを信用できない社会が出来つつあるような気がしています。
雑誌ではよく、欧米型成果主義導入の失敗をうたっていますが、本来の成果主義はどういいうもので、どうして日本では失敗してしまっているのか、、、。
そういえば、ある本で今の20代の社会人達の特徴として、「自分の気持ちをはっきりと表さない」「争いを避ける」「挨拶や前置き抜きのいきなりコミュニケーション」「縦のつながりを作らず、小数の横のつながり(同期など)を重視する」と書かれていました。彼らは会社に入ってからこのような処世術を身につけてしまうわけではなく、入社時点で既にそうなっているようですが、何だか時代を反映しているような気がします。
この記事を読みながら、そんなことを考えていました。

2005.08.21

家の掃除=心の掃除

今日は随分調子がよくなりました。頭痛も昨日に比べるとかなりおさまっています。
旦那も少し回復したのか、今日は子どもを散歩に連れていってくれています。
身体が元気になると、気持ちも随分楽になってきます。そして、病気の間散らかり放題だった家をようやくすっきり、片付けることができました。家の中がさっぱりすると、ますます気分も良くなってきます。

そういえば、TVのニュースで、事件の起こった家の様子を見ることがありますよね。そんな時にふと思うのが、散らかっているなぁ、荒れているなぁということ。庭やベランダの様子は、まるでその家の人々の心の中を映し出しているかのようです。

子どもが生まれる前、既に子どものいる友達から、「子どもが生まれると家の中なんて全然片付かないよ。だからお洒落なカーテンなんかも絶対にできない」って言われてました。確かに生まれてみると、私や旦那がちょっと寝込むとあっという間に信じられないくらい家が荒れます。でも、だからといって片付けなくてもいいとは思えません。散らかっても散らかっても、片付けることで心も身体も元気になっていく。これは私だけでなく、旦那や子どももそう感じているのではないでしょうか。それにお気に入りの家具や雑貨に囲まれているだけで、何だか楽しくなってきますよね。

今日はそんなことを考えていました。今日いっぱいで何とか回復して、明日から元気に出社したいなぁ。

2005.08.20

40近くなっても私の思考パターンは変わらない…

昨日の朝、旦那の風邪が悪化し激しい頭痛を訴えたので、とりあえず少しでも起きれるようになったら病院に行ってねと言い残し、子どもを保育園に預け、私は会社に行きました。
そして私も今週ずっと調子が悪く病院に行ったりしていたのですが、今朝、激しい頭痛がしたので今度は地元で一番大きな総合病院に行ってきました。その他の症状は、全身のプツプツとした赤い発疹と喉の痛み。発疹は先週、息子が高熱を出した時、やはり全身に出ていたので同じようなウィルス性の風邪かしら?と思いつつも、万が一違う病気だったら怖いし…と思い、病院に行きました。 

診察室に入り、先生に全身の症状を訴えると、「喉の赤みはそれほどでもないし、頭痛の割りにめまいや眼球の揺れもない。中性脂肪やコレステロールが高いと言われたことはありますか?」と。ここ1年、人間ドックも健康診断も受けていなかったので答えられず、「では、血圧は?」と聞かれても、上は117で下が75と別に高くもありません。そして聞かれたのが、「最近、ストレスがたまるようなことがありましたか?気にしていることなどありませんか?」 その途端、なぜか涙がボロボロとこぼれてきました。あっ、いけない!と思ったものの止まりません。あわてて「すみません」を繰り返し、どうにか落ち着きを取り戻しました。

Continue reading "40近くなっても私の思考パターンは変わらない…" »

2005.08.18

防災グッズを改めて見直すと…

もともと地震の多い東京ですが、最近、震度4近くの揺れが続いたこともあり、改めて我が家の防災グッズを見直してみました。区で斡旋している防災キットをベースに、少しづつ買い足しています。
何が入っているか分からなくならないように、Excelでリュックの中身をリスト化し、一緒に入れています。
2005_08_19
因みに、我が家の防災グッズはこんな感じ(写真左)。中身は以下の通り。
【非常用リッツ保存缶/防炎用マスク×2/かんぱん×2/保存飲料/ペットボトル入り水×4本/サバイバルブランケット×2/レジャーシート/水持ち運び袋/ロープ/ろうそく/コンパクトタオル/ティッシュ/ウェットティッシュ/ビニール袋/ガーゼ・包帯・絆創膏・薬など/軍手/マッチ/はさみ/缶きり/懐中電灯/歯ブラシ/使い捨てコンタクト/ドライシャンプー】他に、写真に写っていませんが、使い捨てトイレも一応用意しています。エクセルの表にはこれらを揃えた日付と、使用期限を記入していて、このリストを見るだけで定期的なチェックが可能なようにしています。
そういえば、以前、防災グッズといえば防災の日あたりにしか、スーパーでも売り出していなかったような気がしますが、最近はうちの近所のスーパーでも常時コーナーがありますね。
そんな中、無印良品でデザイン的にも納得の防災グッズを発見しました。

なかなかお洒落だと思いませんか?
「よくある銀色の巾着袋を見直し、部屋にあっても違和感がなく、複数個積み重ねて保管することができるコンパクトなデザインになっています。」だそうです。
私が何より惹かれたのは、「充電ラジオ」。ハンドルを回すことで充電ができ、ライト、非常用サイレン、携帯電話充電器など多機能を搭載したラジオ。ラジオ単体は持っていますが、手動で携帯電話の充電ができるなんて優れもの。ぜひ、手に入れたいと思っています。残念ながら無印良品の防災グッズは単品での販売はありません。せめてこの多機能ラジオだけでも手に入れられれば……。
もう一つ、通販生活の夏号別冊「ピカイチ事典」のトピックスは、これぞピカイチ!非常袋3日間
阪神淡路大震災の罹災者2123人が教えてくれた「これだけは必要」の17点セットだそうです。
これもかなり惹かれました。。。
とはいえ、既に結構揃えているので、我が家ではアンケート1位の「カセットコンロ」と「携帯の充電もできる手回しラジオ」などを買いたそうかと検討しています。あっ、そういえば「サランラップ」も入れてなかった!

【PR】
●かしこい緊急避難セット
こちらのオリジナルセットは、踏み台兼椅子兼水運び用カゴなんかが入っていて面白いです。もちろん、私が欲しいと思っている手回し充電ラジオなども揃っています。

2005.08.14

せっかくのお休みなのに夏風邪でダウン

きっと今頃みんなはお盆の帰省であちこち行っているんだろうなぁ~と思いながらこの記事を書いています。
というのも我が家は息子、旦那ともに完全にダウン。二人とも夏風邪をひいたようで、息子は昨夜40℃近い熱を出し、旦那もゴホゴホしながらう~んと唸っています。このまま私にもうつるのかなぁ。カウンセリングの学校、休みたくないんだけど。。。どうも数日前から様子がおかしかったので、あえて予定をいれず、当日元気だったら都内のホテルにでも泊まってのんびりプールででも遊ぶか…なんて思っていたのですが、それどころか、家から一歩も出れない状態です。皆さまもどうぞお気をつけて。

2005.07.22

鋼のイベント

今日は仕事の関係もあり、鋼の錬金術師の映画イベント(前夜祭)に行ってきました。
周囲は若い女性達で埋め尽くされ、ものすごい熱気。というのも、試写終了後、ラルク アン シエルのライブが1曲あるからなのです。。試写終了後、スクリーンが上にあがり、大音量の音楽とともにラルクが現れた途端に、会場中の女の子達が一斉に立ち上がりました。それはそれはものすごい光景でした。やっぱり、ラルクの人気ってすごいんだなぁ。彼女達は鋼のファンなのか、それともラルクのファンなのか、両方なのか、何だかよく分かりませんでしたが、いずれにせよ久しぶりにこんな雰囲気とところにいきました。映画、良かったです。

より以前の記事一覧