6.子連れでお出かけ

2006.01.17

大江戸温泉物語

2006_1c 週末、『大江戸温泉物語』に初めて行ってきました。
オープンから約3年。なんとなく気になりつつも、「きっと混んでるだろう」とか「カップルばかりに違いない」なんて思いながら行っていませんでした。本当はこの日、苺狩りに行きたかったのですが、朝ぐずぐずしているうちに行きそびれ、急遽、行き先を変更。行ってみたら意外とファミリーでも楽しめることがわかりました。
『大江戸温泉物語』はお台場にある日帰り温泉施設。こんな場所ながら、地下から汲み上げた本物の温泉です。建物内部は、江戸文化をモチーフにしたテーマパーク的なつくりになっていて、非日常を味わうことができます。どうやら最近、宿泊施設『大江戸宿伊勢屋』『黒船キャビン』も出来たようです。なんと、犬専用の温泉施設『綱吉の湯』まであります。わざわざ犬を温泉に連れてくる人がいるんだろうか…なんて思っていたら、結構いました。
入り口で『通行手形』を発行してもらったら、それを身につけ、浴衣を選び(15種類くらいあります。3歳以下の子どもは施設利用料は無料ですが、甚平を借りる時は有料なので、持っている人は忘れずに自宅から持っていきましょう!)、着替えてから入場します。中には、飲食店やあそび処、駄菓子屋、お土産屋、エステ、マッサージ、岩盤風呂、砂風呂、そして、もちろん大浴場もあります。お風呂は結構広いので、混んでいても不快に思うほどではありません。私が気に入ったのは、「寝湯」。腰、肩、そして足の裏にまでジャグジーの強力な泡があたるのですっごく気持ち良いです。寒かったので露天風呂は入りませんでしたが、夏はいいでしょうね。お風呂からあがった後も、大広間でくつろいだり、リクライニングシートでゆっくりしたり(しかも1席につき1台のテレビつき)、飲んだり食べたり、1日かけてゆっくり遊びました。足湯もよかったですね。2006_1dとても寒かったのですが、足をつけてのんびり青空を見ているうちに体がぽかぽかしてきました。私だけ、足裏マッサージも受けましたが、予想以上に腕がよく、大満足。
唯一の難点は、ついついお金を使いすぎてしまうこと。入場後は全て通行手形のバーコードをスキャンすることで決済できてしまうので、家族それぞれが気軽に「ピッ」なんてやってると、最後のお会計で「えっ!」と驚くことになってしまいます。オープンして3年、こんなに繁盛しているので、結構儲かっているんだろうな…と思います。客単価もすごく高いはずですし。
今回、行く前に色々と調べてみて、一番安いかな?と思うのが、ヤフーのクーポン。クーポンの利用で
大人(中学生以上)…2,827円→2,327円
小人…1,575円→1,365円
ナイター…1,987円→1,830円と割引になります。
その他、 『Web町人クラブ』に入会すると(入会金無料)、入館料が割引になるほか、誕生月には無料の招待券が送られてくるそうです。また、予めマッサージなど色々と受ける予定だったら、お得なセットプランを調べて、受付で言ったほうがいいと思います。行くと混んでいるので詳しい案内は特にありません。
事前に色々と調べることで少しでも節約して、その分、色々と楽しめるんじゃないかと思います。機会があったら是非、行ってみてください。

2006.01.10

はとバスツアー

2006_1a 3連休、特に予定は入れていなかったのですが、家族全員の体調が珍しく良かったこともあり、急遽、はとバスツアーに参加してきました。予約はいたって簡単。都内のツアーであれば、出発の1時間前まで受け付けてくれるとのことなので、電話で予約し、直接、東京駅構内にある営業所でチケットと引き換えに支払うだけです。

皇居やNHKスタジオパーク、浅草を周り、最後は浅草から日の出桟橋まで水上バスに乗りました。
結構、慌ただしいプランなのですが、移動は全てバスだし、チケットを買うために並んだり、駐車場を探したりする手間もないので、それほど疲れませんでした。お昼もまずまず。
何より喜んだのは息子。「二階建てバスに乗ったんだ~」と家に帰ってからも、とても満足そうでした。
2006_1b できれば、せっかくNHKスタジオパークに行ったので、「おかあさんといっしょ」の収録が見たかったなぁ。これは時間が合わず見れなかったのが残念。私はちゃっかり、大河ドラマ「功名が辻」の垂れ幕の前で着物を羽織って記念撮影をしてきましたけど。

そんなわけで、大人も子どももそれなりに楽しめるはとバスツアー。次は、海ほたる休憩が含まれたツアーに参加したいな。まだ、一度も通ったことがないので。青梅の梅林を見るツアーもいいかも。

2005.10.02

日光~奥日光の旅

2005_9_002 先週末、日光に行ってきました。
いろは坂を越えて、中禅寺湖半へ。前回、日光に行ったのはいつだったか…。かれこれ7年は経っている気がします。。。あの時は、紅葉真っ盛りで気合を入れて朝4時には家を出た気がするが、それでもいろは坂は大渋滞だった記憶がある。今回は完全にオフシーズンなので、途中、ゆば料理を食べたりしながら、のんびりと向かいました。1日目の目的は、菖蒲が浜でのキャンプ。といっても、テントなどは持っていないので、コテージ泊で。昼過ぎに一旦チェックインし、荷物を降ろし、再び車で周辺の探索。その後戻って、主人はさっそく楽しみにしていた炭火熾しの作業を始めました。今回の旅行にあわせ、とてもコンパクトで持ち運びの便利なバーベキューセットを購入!(御茶ノ水のL-Breathというアウトドア専門ショップで見つけました)予想通り、組み立ても簡単、場所もとらず、木のテーブルの上に置いても全く問題ありません。4人くらいの家族なら十分な大きさです。十分に火が熾きたところで、“大地宅配”で購入しておいた、焼き鳥用のお肉やら、バーベキュー用のお肉、野菜をどんどん焼き始めました。閑散期ということもあって、ほとんど貸切状態のキャンプ場。息子は大喜びで走り回っています。青空の下、中禅寺湖のすぐ側で木々に囲まれて食べるバーベキューの美味しいこと!しかし、焼き始めのスタートが遅かったこともあって、最後の焼きそばを作る頃にはすっかり日が暮れてしまったので、主人と私が最後まで食材を焼き、その間、おばあちゃんと息子はコテージの中に入ってもらいました。
夜はみんなで星を見ながらお散歩。とっても寒かったのであまりゆっくりは歩けませんでしたが、当然のごとく、東京よりもたくさん見える星に大感激しました。
コテージのお布団は、、、う~ん、私はちょっと苦手でしたので、自分のシュラフなどを持っている方は持っていった方がいいかも…。また、キャンプ場の夜は早く、もちろんテレビなども無いので、この日の為に封を開けずに持っていった「こどもちゃれんじ10月号」を開け、絵本を読んでいたらあっという間に息子は寝てしまいました。大人もそのまま消灯です。が、こんなに早く寝ることは無いので、夜中に何度も目覚めたり、途中、旦那を起こしてトイレについて来てもらうついでに、また夜空を見たりしながら、ようやく朝を迎えました。
朝ご飯用にまた炭を熾し、コッフェルでお湯を沸かしてココアを入れ、パンと前日の残りの焼きそばなどですませました。その後、チェックアウトぎりぎりまで主人と息子は周囲を散策し、自然を満喫しました。
その日は1日滝めぐり。まず、お風呂に入るため、いろは坂を下って、日光で一番大きな日帰り温泉施設「やしおの湯」へ。前日、夕方のバーベキューを終えて入りに行けるような時間まで開いている温泉が無かったので、翌日入ることにしていたのです。そして、またいろは坂を登って、華厳の滝に行きました。初めてみた時ほどの感激はありませんでしたが、やはり、滝は良いですね~。月並みな言い方ですが、癒されます。そして、以前来た時2005_9_003 は行かなかった竜頭の滝にも行ってみました。こちらは間近で見れるし、滝を見ながらうどんやお団子を食べるスペースがあったりと、のんびり、ぶらぶら楽しむことができます。近くで見るだけあって大迫力です。そして、その日は、菖蒲が浜にほど近い、ホテル四季彩に泊まりました。このホテルは本当にお勧めです!お部屋もリニューアルしたばかりでとても広く綺麗で、お食事も少しずつ色んなものが出てきて、大満足です。残念ながら、前日のコテージ泊で風邪をひいた私は、胃が受け付けず……1人部屋で過ごしましたが、主人もおばあちゃんも大満足の様子でした。温泉も24時間入り放題。ロビーでは、コーヒーのサービスをチェックインからチェックアウトまで無料で受けることが出来ます。
翌日は、奥日光湯元温泉に向かって、湯滝を見たり、光徳牧場でアイスクリームを食べたり。湯滝は竜頭の滝にもまして、間近で見ることが出来るので、大迫力の自然を楽しむことができます。キャッチ&リリースのようですが、ここでは釣りも許可されていました。湯滝を起点としたハイキングコースもとても惹かれましたが、息子にはまだ難しそう。もう少し大きくなったら、中善寺湖畔も含めハイキングしたいところがたくさんです。風邪で具合の悪くなっていた私は、下りのいろは坂にどうしても向かう気が起こらず、若干遠回りではありますが、湯元温泉から沼田ICまで出て、関越自動車道で帰りました。こちらのコースもなかなかです。途中、白根山のロープウェイもありますし、群馬に入ってからは、道路脇でとうもろこしや野菜などが豊富に売られています。我が家も息子の大好きなとうもろこしやさつまいも等を買って帰りました。
体調も万全でない中での旅行でしたが、今回も大満足。少し早い秋を満喫した旅となりました。
(今頃はぼちぼち、日光も色づき始めているんだろうなぁ…)

2005_9_005 2005_9_004
華厳の滝 湯滝

2005.09.12

秋の旅行は…

今月は連休が2回も!とはいえ、勉強もあるのでゆっくりはしていられないのですが、それでも嬉しい!主人はキャンプ場のコテージに泊まると張り切っています。「えっ、もう秋だし、夜は冷えるし…」と思ったものの、本も買ってきて、珍しく自分で予約も入れて頑張っているので、横から口出し出来ない状況。。。今回は2泊3日の予定なので、1日は普通の旅館に泊まることで了解しました。それにしても、コテージで自炊するっていったって、キャンプ場のコテージだから、当然、調理器具や食器類もないし、炊事場は共同だし、どうするんだろう?色々購入しないと我が家はもともと二人ともアウトドア志向じゃないから何も持っていないし……。まぁ、お休みを利用して少しずつ用意しようかと思います。
キャンプ場のコテージに泊まったことのある方、これは持っていったほうがいいよ!というものがあれば、ぜひ、教えてください。

2005.08.06

明治村に行ってきました!

2005_08a金、土と主人の実家のある愛知に遊びに行ってきました。交通手段は息子の大好きな新幹線で。
以前は、授乳やおむつ替えやらで、多目的室の近くを予約したりしていましたが、最近はそんな心配も必要ないので、車両の一番前を指定して予約しています。優先順位としては、一番前。既に予約で一杯なら一番後ろをとるようにしています。“のぞみ”なら、片道わずか1時間半とはいえ、興奮している時はじっと座っていません。時に椅子から降りて立ったりして遊ぶには、一番前の席が他の人の迷惑にならずに丁度良いのです。もちろん禁煙席を予約します。
 今回は、初めて「明治村」に行ってきました。ここは、明治時代の価値ある建造物を移築・復元したもので、森鴎外・夏目漱石の住宅やら、札幌電話交換局などその数は67にも及びます。ここでのお目当ては、なんといっても本物の蒸気機関車!(写真上)うだるような暑さで全員が汗だくになりながら、息子のために蒸気機関車に乗りました。その他、京都市電や馬車なども走っています。私たちは蒸気機関車の片道券を購入したのですが、やはり、乗り物一日券にすればよかった。一日券があれば、蒸気機関車、京都市電、バスが乗り放題。それほど敷地面積が広いのです。大人だけなら、建物を一つ一つゆっくり見てまわってもいいかも。それだけでも十分楽しめますし、中にはドレスを借りて記念撮影をする写真館などもあります。お休みどころのソフトクリームもおすすめ!世間の話題は愛知万博で、人もさほど混んでいなかったのですが、意外と楽しめる穴場だと思います。
お近くに行く機会があればぜひ!

トーマスミュージカル

2005_07少し前のことになりますが、フジ主催 お台場冒険王特設会場内の「ミュージカル きかんしゃトーマスと仲間たち」に行ってきました。CMでこのミュージカルのことを知ってから、息子に見せてあげたいなぁと思っていたところ、なんと保育園でモニター募集の申し込みが!しかも、あまり目に付かない棚の上にひっそりと置いてあったのですが、延長保育で人気も少なくゆったりとお迎えに行っている私は偶然にもこれを見つけたのでした。
見るとまだ申込者もまばら。これから行けるかも!と思って、おばあちゃんの分も含めて4人分で申し込みました。もれなく当選。(多分、あまりにもひっそりと置いてあったので誰も気づかなかったのかも) 連日の猛暑に挫けそうになりながらも、息子のために頑張って行ってきました。写真がこれ。人間が乗れるリアルなトーマス達のミュージカル。座席も階段状の段差で、前の人の頭の上からしっかり見ることができました。
CMでは「ロンドンからきたミュージカル!」と言っていたから、もしかして英語?なんて思っていたら、しっかり日本人でした。もちろん、トップハム・ハット卿も。正味70分ほどあり、はじめてのミュージカルにじっとしていられるかしら、、、と心配でしたが、どうにか、階段付近で遊びながらも最後まで見ることができました。
隣の特設ショップも大賑わい。人ごみに挫けて何も買いませんでしたが、目移りするほど色んなグッズが置いてありました。やっぱり、トーマス人気はすごいですね。

2005.07.09

クレヨンハウスに行ってきました!

今日は、表参道のクレヨンハウスに息子を連れて遊びに行きました。
今月末に放送大学の単位認定試験を控え、あまり遊んでいる余裕は無く、しかも寝不足が続いて体もバテ気味の今日この頃。。。でも、いつも子どもの面倒をよくみてくれている主人にも疲れとストレスがたまっている様子。。。週末の1日は産業カウンセラーの学校があり、彼に子どもをみてもらっていることもあるので、今日は頑張って息子を連れ出すことにしました。お店に着くとちょうどお昼ごろ。まずは地下にあるオーガニックレストランで食事をとりました。レストランは和食バイキング『広場』と洋食ランチの『HOME』の2つ。和食は2歳以上が有料ということもあり、洋食レストランに入りました。ランチ1800円で、サラダ、パン、メイン、ドリンク、フルーツがつきます。サラダはかなりのヴォリュームで、しかも全て新鮮で味があり美味しい!!息子も人参やコーンを美味しそうにポリポリと食べていました。パンも天然酵母のパンで、これまた絶品!併設のショップに置いてあったので、帰りに買って帰ったほど。その後、調子に乗ってケーキまで頼んでしまったのですが、息子と二人で争って食べたほどでした。お腹もいっぱいになり、大満足のまま1Fの絵本ショップへ。元気いっぱいの息子はあちこち歩き回っています。私も色々と見て周り、今日は「ダンゴムシ―やあ!出会えたね やあ!出会えたね」「あめの ひの えんそく」「早期教育と学力、才能を考える」計3冊を購入しました。続いて2Fのクーヨンマーケットへ。ここには主として外国製の、木で出来た体にも心にも優しいおもちゃがたくさんありました。見本もたくさん出されてあるので、まるでキッズルームのよう。息子もたくさんのおもちゃで遊び汗びっしょりになっていました。ここでは、クレヨンを購入。
たっぷりと遊んだところで、ちょっとお茶でもして帰ろうとスパイラルビルに寄ったのですが、ここで「ZUSSO KIDS」を発見!普段は私と主人で息子の髪を切っているのですが、今日は幸いにも疲れ果てた子どもはすっかり寝てしまっています。たまにはプロに切ってもらおうと、熟睡状態の息子を抱っこしたまま髪を切ってもらいました。あらかた切り終えて、シャンプーをしてもらっていた時、ようやく目覚めた息子。まだぼーっとしていましたが、特に泣く様子もなかったのでそのまま続行。今度は車型の散髪台に乗せてもらいました。その後、髪を乾かすという難関が待っていましたが、どうやら車やビデオ、トーマスのおもちゃにご満悦の息子はぐずることなく、無事、セットを終えたのでした。かなりハードな一日でしたが、これで少しは主人も休めたかも……。いつも本当によく面倒を見てくれるので、たまには…の恩返しの1日でした。

2005.06.10

イクスピアリに行ってきました!

舞浜駅前にある、「イクスピアリ」に行ってきました。
本当はディズニーランドに行きたかったんですけど、主人はディズニーが大嫌い…。いつかは口説き落とそうと思っているのですが、彼は頑なに拒んでいます。まぁ、それで気分だけでも味わおうと思い、主人のいない時に行ってきたというわけです。
基本的には商業施設で、ファッションや雑貨のお店ばかりですが、『キャンプ・ネポス』という子供用の遊びの施設が入っています(有料)。
[生後6ヶ月~2歳]…ベビー・キャンプ(空をテーマにデザインされた空間で、子供の年齢と発育に応じたケアを行うとあります。聞くと、大人は入れないとのこと。つまりは託児施設のようなもので、1時間単位で子供を預け、大人にゆっくり買い物をしてもらおうということだと思います)
[3歳~9歳]…フリープレイ・キャンプ(パフォーマーと共に遊んだり、絵を描いたり、物を作ったりするようです)
[4歳~9歳]…イマジネーション・キャンプ(10人が1つのグループになり、パフォーマーと共に海・陸・空のいずれかの世界を冒険するというもの)
大人も一緒に入って遊べるといいんですけどね。。結局、中庭をぐるぐる散歩したり、噴水のところで水に触ったりしながら遊びました。それでもかなりの運動量だったので途中で寝てしまい、連れて帰るのが大変でした。
ディズニー行きのモノレールを横目に見ながら、いつか行きたいなぁと思ったのですが、主人の気が変わるのはいつになることやら…。

2005.05.29

マザー牧場、初体験!

金曜日、保育園にお迎えに行くとなぜか元気のない息子……。ぼーっとしているし、はしゃがないし、食欲も無い。。今週はヘルパンギーナでお休みが多かったから、久しぶりの保育園で疲れたのかな?と思いつつも、翌朝になっても元気がないので、逆に外で思いっきり遊ばせた方がいいかしらと思い、千葉の「マザー牧場」に行ってきました。東京駅からは総武線、 内房線快速を乗り継いで君津まで。君津からは無料のシャトルバスに乗りました(事前の予約が必要)。まずは犬好きの息子の為に、ドッグランのコーナーへ。毛並みも綺麗でお利巧そうな犬達が、元気に飼い主の投げたボールを追いかけては戻ってきます。息子も犬を触らせてもらってご機嫌です。芝生を思いっきり走り周った後、早めの昼食をとりました。私達が食べたのは牛と羊肉のジンギスカン。自然の中でいただくせいか、とても美味しく感じました。食事の後は、息子の大好きな観覧車に乗ったり、象の乗り物に乗ったり……。そして、「わんわんバス」で敷地内の移動です。息子もこれには大はしゃぎ!出発と同時に「ワォーン」という声が響きます。バスを降りるとすぐに「コブタレース」の会場があります。6匹のコブタを追いかけて早くゴールさせた人が勝ちというもの。観客も、勝負を予想して賭けることができます(勝つと思う番号のコブタのぬいぐるみを買うシステム。一匹500円。見事当てたら親ブタのぬいぐるみをプレゼント)。この近くでブタに触り、羊に触り、泥だらけの息子。この日は覚悟を決めて着替えを持ってきていたので、「もう、好きにしなさい」という感じ。次に、アヒルのえさやり。私もトライしましたが、手のひらごと「ぱくっ」とやられて結構痛かったです。今度は、遊覧トラクターでゲート近辺まで。約15分間、「ガタンゴトン」のんびり揺られながら、牧場の景色を眺めているうちに、息子はすっかり眠ってしまいました。せっかく、最後のお目当て「牧羊犬と牧場のゆかいな仲間達」のショーが見られるのに……。そのうちに起きるだろうと一番前の席をとったものの、一向に起きる気配の無い息子。。。そして、ショーのスタート。ドームの中で“羊飼いのお兄さん”と案内係のお姉さんとの簡単なやりとりの後、後ろの巨大なスクリーンが開きました。すると現れたのは、一面のガラス張り。牧場の景色が映画のように広がります。ここでお兄さんが犬を操って、羊を追いかけます。二匹の牧羊犬が上手にお互いの特性を生かしています。一匹は後ろから追いかけて、もう一匹は目で睨み付けながら羊の群をコントロールしていくのです。このショーは本当に素晴らしい!!羊の他に、ダチョウやミニホース、ミニブタも出てくるし、感心したり、笑ったりとにかく楽しいショーなのに、、、結局、最後まで息子は夢の中……でした。
帰りは君津から特急「さざなみ号」に乗りましたが、これはオススメ!座席はゆったりしているし、ソファも座り心地がよく、行きと比較して半分の労力で帰れた気がします。息子も帰る頃には元気一杯!金曜日の生気の無さがまるで嘘のように、活き活きとしてきました。連れていって良かった~。

2005.05.10

リゾナーレ小淵沢に行きました!

2005_05_05今年のゴールデンウィークはリゾナーレ小淵沢に行ってきました。 最初から車は諦めていたので、電車で小淵沢へ。新宿から特急「あずさ」で約2時間ほど。小淵沢駅からは無料送迎バスかタクシーで5分程度で着きます。 到着後、すぐにプールに子供を連れていきました。このプール、一日に数回、20分ほど波のプールに変わります。子供も大人も大はしゃぎ。私も初めての体験でしたが、波に乗るコツを覚えるととても楽しくて、浮き輪に乗せた子供と共にわざと波の激しいところに行って思う存分遊びました。プールからあがったら、敷地内の探検です。リゾナーレには、通称ピーマン通りと呼ばれる石畳の回廊があり、その周りにずらりとセレクトショップが並んでいます。チーズやソーセージのお店、靴、バッグのお店、洋服のお店、木の家具屋など様々なお店がありました。自由に本を読みながらコーヒーが飲める「ブックス&カフェ」もありますし、ちょっとしたコンビニもあります。また、子供向けにはネイチャーツアーなど様々なアクティビティプログラムが用意されています。うちの息子はまだ小さいので参加できるものはありませんでしたが、中には木で椅子を作るプログラムもあったりしてかなり本格的です。プールの後は、このピーマン通りを散歩し、お店の裏手の芝生で遊んだり、通り沿いのお店で売っていたシャボン玉で遊んだり、犬と遊んだりしました。(どうやらペットOKのお部屋も数多くあるらしく、犬を連れてきている人が大勢いました)
私たちは食事付プランにしていたのですが、夕食もなかなかGoodでした。メインディッシュを選んだ後は、ブュッフェで自由に好きなものを選ぶことができます。デザートも幾つかありました。食後、私はエステへ。ここは遅くまであいているので、私が受けたのは21~23時までのコース。子供が寝た後、主人をお部屋に残し、ゆっくりと楽しむことができました。こちらで受けた「リバイタライジング」は本当にお勧め!アロママッサージにストレッチなどを交えた独特な手法で、体がじっくりとほぐされ疲れもかなり和らぎました。
翌朝の食事券は昼食用にとっておき、回廊で開かれた朝市をのぞき、つめたい生のきゅうりやコーヒー、パンなどを青空の下で頂きました。そして再びプールへ。車で行かなかったのでまる2日、リゾナーレの中だけで過ごしましたが十分満足することができました。
ただ、辛かったのは帰りの電車。行きは特急の指定席がとれたのですが帰りはとれず、仕方なく、快速の指定席をとったところ、これが最悪。シートは昔ながらの4人向かい合うタイプのボックスシート。スペースが狭い上に背もたれは垂直。向かい合って座るとお互いの足を交互に重ねるしかありません。この状態で子供を抱っこし、2時間半はかなりしんどかったです。もっと早く予約して、特急をとるべきでした。。。まぁ、次回への教訓ということで、また是非行ってみたいと思っています。今回はゴールデンウィークということもあり、通常より2倍近い値段だったので狭いお部屋にしたのですが、この値段なら通常140㎡のお部屋に泊まれます。しかもメゾネット!ぜひ、今度はこのメゾネットタイプのお部屋にしてみようと思っています。

icon
icon
国内No1の宿泊予約サイト「楽天トラベル(旅の窓口)」