« November 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.17

大江戸温泉物語

2006_1c 週末、『大江戸温泉物語』に初めて行ってきました。
オープンから約3年。なんとなく気になりつつも、「きっと混んでるだろう」とか「カップルばかりに違いない」なんて思いながら行っていませんでした。本当はこの日、苺狩りに行きたかったのですが、朝ぐずぐずしているうちに行きそびれ、急遽、行き先を変更。行ってみたら意外とファミリーでも楽しめることがわかりました。
『大江戸温泉物語』はお台場にある日帰り温泉施設。こんな場所ながら、地下から汲み上げた本物の温泉です。建物内部は、江戸文化をモチーフにしたテーマパーク的なつくりになっていて、非日常を味わうことができます。どうやら最近、宿泊施設『大江戸宿伊勢屋』『黒船キャビン』も出来たようです。なんと、犬専用の温泉施設『綱吉の湯』まであります。わざわざ犬を温泉に連れてくる人がいるんだろうか…なんて思っていたら、結構いました。
入り口で『通行手形』を発行してもらったら、それを身につけ、浴衣を選び(15種類くらいあります。3歳以下の子どもは施設利用料は無料ですが、甚平を借りる時は有料なので、持っている人は忘れずに自宅から持っていきましょう!)、着替えてから入場します。中には、飲食店やあそび処、駄菓子屋、お土産屋、エステ、マッサージ、岩盤風呂、砂風呂、そして、もちろん大浴場もあります。お風呂は結構広いので、混んでいても不快に思うほどではありません。私が気に入ったのは、「寝湯」。腰、肩、そして足の裏にまでジャグジーの強力な泡があたるのですっごく気持ち良いです。寒かったので露天風呂は入りませんでしたが、夏はいいでしょうね。お風呂からあがった後も、大広間でくつろいだり、リクライニングシートでゆっくりしたり(しかも1席につき1台のテレビつき)、飲んだり食べたり、1日かけてゆっくり遊びました。足湯もよかったですね。2006_1dとても寒かったのですが、足をつけてのんびり青空を見ているうちに体がぽかぽかしてきました。私だけ、足裏マッサージも受けましたが、予想以上に腕がよく、大満足。
唯一の難点は、ついついお金を使いすぎてしまうこと。入場後は全て通行手形のバーコードをスキャンすることで決済できてしまうので、家族それぞれが気軽に「ピッ」なんてやってると、最後のお会計で「えっ!」と驚くことになってしまいます。オープンして3年、こんなに繁盛しているので、結構儲かっているんだろうな…と思います。客単価もすごく高いはずですし。
今回、行く前に色々と調べてみて、一番安いかな?と思うのが、ヤフーのクーポン。クーポンの利用で
大人(中学生以上)…2,827円→2,327円
小人…1,575円→1,365円
ナイター…1,987円→1,830円と割引になります。
その他、 『Web町人クラブ』に入会すると(入会金無料)、入館料が割引になるほか、誕生月には無料の招待券が送られてくるそうです。また、予めマッサージなど色々と受ける予定だったら、お得なセットプランを調べて、受付で言ったほうがいいと思います。行くと混んでいるので詳しい案内は特にありません。
事前に色々と調べることで少しでも節約して、その分、色々と楽しめるんじゃないかと思います。機会があったら是非、行ってみてください。

2006.01.13

言葉がどんどん達者になってきて…

今日、息子が読んでいる本をみて、「お母さんにもちょっと貸して」と頼んだところ、
「だめ。大きくなったら」と言うので、「お母さんは●ちゃんよりも大きいよ」と答えたところ、
「2歳になったら貸してあげる。このご本は大きくなってからでないと読めないよ」と言われてしまいました。最近はだんだん口が達者になってきて、ちょっと生意気な息子。
今日の保育園の連絡ノートには、
『昼食の時、ハンバーグを見ながら「僕、これ苦手なの」と言っていました。“苦手”なんていう言葉もいつの間にか覚えたんですね」とも。
本人はいつも大真面目で言うので、生意気半分、可愛さ半分といったところ(笑)。

2006.01.10

はとバスツアー

2006_1a 3連休、特に予定は入れていなかったのですが、家族全員の体調が珍しく良かったこともあり、急遽、はとバスツアーに参加してきました。予約はいたって簡単。都内のツアーであれば、出発の1時間前まで受け付けてくれるとのことなので、電話で予約し、直接、東京駅構内にある営業所でチケットと引き換えに支払うだけです。

皇居やNHKスタジオパーク、浅草を周り、最後は浅草から日の出桟橋まで水上バスに乗りました。
結構、慌ただしいプランなのですが、移動は全てバスだし、チケットを買うために並んだり、駐車場を探したりする手間もないので、それほど疲れませんでした。お昼もまずまず。
何より喜んだのは息子。「二階建てバスに乗ったんだ~」と家に帰ってからも、とても満足そうでした。
2006_1b できれば、せっかくNHKスタジオパークに行ったので、「おかあさんといっしょ」の収録が見たかったなぁ。これは時間が合わず見れなかったのが残念。私はちゃっかり、大河ドラマ「功名が辻」の垂れ幕の前で着物を羽織って記念撮影をしてきましたけど。

そんなわけで、大人も子どももそれなりに楽しめるはとバスツアー。次は、海ほたる休憩が含まれたツアーに参加したいな。まだ、一度も通ったことがないので。青梅の梅林を見るツアーもいいかも。

2006.01.06

今年1年、幸せな年になりますように。

気付けば前回の更新から2ヶ月が経っています。
時間が流れるのは早いですね~。
あれから、産業カウンセラー試験が筆記、実技と続きました。
が、運の悪いことに前日に風邪をひいてしまい、最悪の体調に。まぁ、それも実力のうち、と今は諦めがついています。合否の発表までまだ時間がありますが、駄目なら今年また受け直す…ということで。

さて、息子の方は最近特におしゃべりが活発になり、日々、驚くばかりです。
あんなに毎日色んなことを覚えられるなんて羨ましい。
こっちは、必死に覚えようとしても覚えられないというのに。

それに、子どもの観察力ってすごいですよね。
以前も、キャビネットにしまったあるモノが無いと騒いでいたところ、それを聞きつけた息子が知ってるよ~とばかりに、その場所に行くんです。恐らく私がしまうところを見ていたんでしょうね。最近、しまい込むとすぐに忘れる私には素晴らしい助っ人かも。今後、大事なものをしまう時には、息子に見せておこうかと考える日々です(笑)。

昨年末から歯の周りの組織に炎症を起こした私は、七転八倒の苦しみを味わい、今年1年もしかして嫌なことが起こるという暗示かしら、、と暗くなったのですが、厄よけもかねてお参りした初詣でひいたおみくじは「大吉」!
これだけ痛い思いをしたのだから、今年はもう悪いことは起こらないに違いないと立ち直ったのでした(笑)。

« November 2005 | Main | February 2006 »