« 会社のストレスに負けない本 | Main | “あらしのよるに”にはまってしまいました。 »

2005.09.02

河合隼雄さん×工藤直子さん トークショーで考えたこと

日々の暮らしにおいて、色んな出来事がある中で、ふと気づくとある共通のテーマが浮かび上がってくるようなことはないですか。あるいは、ある特定の事柄に関連する出来事が次々と起こったり。。。今日はそんなことを思わせるような出来事がありました。
今年、保育園父母会の役員になり、毎月会報誌を作っているのですが、その中で今月取り組んでいるのが、「おはなし会」について。それというのも、保育園で恒例の「おはなし会」、毎年、父母会会費から費用を出して行っているそうなんですが、どうやら、おはなしをしてくださる先生の集中力が低下しているのか、子ども達が喜んでいないようだと。前年には翌年のスケジュールが埋まってしまうような方で、今年開催分は既に昨年度に契約済みなんだそうですが、次年度以降どうするのか、役員の方で話し合って欲しいとのリクエストがあったんです。そこで、会報誌担当として、近隣でボランティアとして「おはなし会」を行っているグループを調べ、インタビューすることにしました。最初はインターネットで調べようとしましたが、個人のグループでさすがにHPを公開しているところはほとんどありません。そこで、区のボランティアセンターに問い合わせ、幾つかそういったグループを紹介して頂くことにしました。一方、図書館でも「読み聞かせ」のボランティアグループを育成する活動など行っており、そちらでもお話を伺うことに。これまでは、「読み聞かせ」といっても、せいぜい自分の息子にベッドの中で絵本を読み聞かせるだけでしたが、こうしたことがきっかけで、地元にも様々なボランティアグループが活動していることを知ることができました。仕事の合間に調べていたので結構大変でしたが、実りある出会いがありました。
話は変わって、以前、このブログにもクレヨンハウスに行ったことを書きましたが、そこで、「河合隼雄さん×工藤直子さん トークショー」のチケットが販売されており(主催はクレヨンハウス)、河合ファンの私としてはラッキーとばかりにすぐさまそのチケットを購入していました。そして、今日がその開催日だったのです。
実は私、工藤直子さんのことは全く知りませんでした。でも、今日初めてお会いしてすっかり、ファンになってしまいました。トークショーの最初は、工藤さんによる詩の朗読。これがとっても、イキイキとした表現で、まるで情景が目の前に浮かんでくるような朗読をされるんです。とてもとてもおばあちゃんには見えません。続いて「ねこ はしる」という工藤さんの詩(or物語?)を紙芝居で聞かせてくださいました。これもまた、感情が入り込んでしまうような朗読です。思わず涙が出てきそうだったのでぐっとこらえました。ここで、最初の話に戻りますが、全く意図せず買ったトークショーのチケットで、まさか最近どっぷりつかっていた「読み聞かせ」「おはなし会」に出会ってしまうとは…。改めて、見せかけではない、心からの読み手の感情、愛情があるからこそ、聞き手に伝わるのだと実感。こうした体験を子供たちにもさせてあげたいと、思いました。会報誌、大変だけどやってよかったかも。
さて、そんな風に充実したAfter5を過ごした私ですが、それも旦那さんあってこそ。(お迎え、夕食の支度、お洗濯etc.もろもろありがとう!)
肝心の河合先生の話は「大人の友情」をテーマにしたものでしたが、予想通り、とても楽しくて、じんとくるものでした。その中で、夫婦の間の「友情」についても語っていました。確かに、結婚前とは全く違ってくるんですよね。愛情も種類が変わり、そして「友情」はますます強くなる。私の親友はやっぱり旦那かな、、と思ったりしながらお話を聴いていました。

« 会社のストレスに負けない本 | Main | “あらしのよるに”にはまってしまいました。 »

12.ワーキングマザーの独り言」カテゴリの記事

Comments

初めまして。ブログの内容がとても鋭いもので、是非お話をお聞かせ頂ければと思い、失礼を承知で、こちらにコメントさせて頂きました。私はこれから保育所を立ち上げたいと思っています。しかも働くママ達の為の保育所を考えています。是非、ご意見を頂ければと考えております。ご検討頂けないでしょうか?宜しくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 河合隼雄さん×工藤直子さん トークショーで考えたこと:

« 会社のストレスに負けない本 | Main | “あらしのよるに”にはまってしまいました。 »