« Woman exciteの「アロマblogキャンペーン」 | Main | 家の掃除=心の掃除 »

2005.08.20

40近くなっても私の思考パターンは変わらない…

昨日の朝、旦那の風邪が悪化し激しい頭痛を訴えたので、とりあえず少しでも起きれるようになったら病院に行ってねと言い残し、子どもを保育園に預け、私は会社に行きました。
そして私も今週ずっと調子が悪く病院に行ったりしていたのですが、今朝、激しい頭痛がしたので今度は地元で一番大きな総合病院に行ってきました。その他の症状は、全身のプツプツとした赤い発疹と喉の痛み。発疹は先週、息子が高熱を出した時、やはり全身に出ていたので同じようなウィルス性の風邪かしら?と思いつつも、万が一違う病気だったら怖いし…と思い、病院に行きました。 

診察室に入り、先生に全身の症状を訴えると、「喉の赤みはそれほどでもないし、頭痛の割りにめまいや眼球の揺れもない。中性脂肪やコレステロールが高いと言われたことはありますか?」と。ここ1年、人間ドックも健康診断も受けていなかったので答えられず、「では、血圧は?」と聞かれても、上は117で下が75と別に高くもありません。そして聞かれたのが、「最近、ストレスがたまるようなことがありましたか?気にしていることなどありませんか?」 その途端、なぜか涙がボロボロとこぼれてきました。あっ、いけない!と思ったものの止まりません。あわてて「すみません」を繰り返し、どうにか落ち着きを取り戻しました。

子どもは順調に育っているし、特に気になるところもない。旦那は息子の面倒をよく見てくれ、家のこともよくやってくれています。家に帰れば何のストレスもありません。ただ、会社に行くと、上司が嫌で嫌でたまらずその気持ちを抑えるためにかなりのエネルギーを使わざるをえません。彼の部下に対するマネジメントの仕方がとにかく納得がいかない。それを思い切って更に上の上司に伝えても、ただ話しを聞いてくれるだけ…。ならば自分がこの部署を出て行こうと異動先のめどをつけ、そこから良い返事をもらえたものの、期半ばでの異動は難しく少なくとも今期は動かないで欲しいと言われてしまいました。。

いつもの私なら、「よし!では来年まで今の部門で精一杯頑張るぞ!」となるはずなのですが、どうしても心が言うことを聞きません。あれこれ自己啓発の類の本を読んで、自分に言い聞かせても、それでもまたぐるぐると同じことを考えはじめてしまう。そんなことがここ数ヶ月、続いていました。仕事を辞めるという選択肢はあるはずなのに、どうしても選べない。。この歳で転職が厳しいということも当然あるので、仕事をしながら転職活動をしようと思い、人材斡旋の会社で面接を受け、「ここを受けたらどうか」と提案をもらうが、なかなか踏ん切りがつかない。本音では、今のお給料の半分になってもいいから、何でもやりたがり、仕切りたがりの自分の要求を満たせるところがあればいいじゃないか…とも思います。でも、旦那に相談すると、今の倍仕事をして、それでお給料が下がるのなら、子どものためにも良くないじゃないか…といいます。それを押し切ってまでやりたいという仕事を見つけきれていないのも事実です。

同僚とも色々相談します。でも、ビジョンが十分にないまま安易に独立しても、すぐに駄目になってしまうだろう…と。よって、今の結論では、異動するにしろ、転職するにしろ、いずれ起業を目指すにしろ、今の仕事を続けながらやっていくしかないと。「上司が気に入らないくらいなんだ!」って皆さん思われるでしょうね。もちろん良く分かっています。ですから正面切ってぶつかったりしていません。あくまでもこれは私の心の中だけのことです。


これまで心にダメージを受けることがあっても、頭の中での自問自答や、週末に子どもと出かけたりすることで月曜日には何とか解消することが出来ていました。身体って本当に大切ですね。壊してしまうと、その解消法すら実行できないまま月曜日を迎えてしまいそうです。

病院で処方された薬は、結局、痛み止めと筋肉の緊張をほぐす薬、そして胃薬です。

医者はもっともな顔をして説明をしてくれますが、結局のところ、「何も分からない」というのが本音だろうなと思います。現に、今回の症状からして家族3人ほぼ同じなわけですが、たまたまかかった病院が全て違った結果、診断はバラバラです。全身の発疹も先生に言わせれば「別の理由でしょう。皮膚科を紹介しますよ」となるわけですから。結局、皮膚科は受診しませんでした。とりあえず、頭痛がおさまるまでじっとしているのが一番のようです。

« Woman exciteの「アロマblogキャンペーン」 | Main | 家の掃除=心の掃除 »

12.ワーキングマザーの独り言」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。お久しぶりです。
悩んでおられるようで心が痛みます。

私たちの年で、仕事をして、家事をして、育児をして・・
忙しい毎日の中でストレスがたまらないなんでことはありえません。大丈夫ですか?幸いにも相談できるだんな様や同僚の方がいらっしゃる。うらやましいです。
許されるならお一人でゆっくり休まれてみてはいかがでしょか。きっと良い案が見つかるかもしれません。

pochiさん、いつもコメントありがとうございます。体が元気になってきたお陰で、随分と気持ちもラクになってきました。ようやく、前向きに考えることができるようになり、新たな企画を立てたりする余裕が出てきました。
そうですね。ゆっくり考えることが必要ですよね。いつも忙しくしていないと気がすまないタチなのでそれがよくないなぁとつくづく思いました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 40近くなっても私の思考パターンは変わらない…:

« Woman exciteの「アロマblogキャンペーン」 | Main | 家の掃除=心の掃除 »